IMG_2461
IMG_2949
IMG_3062
IMG_2335
previous arrow
next arrow

新年のごあいさつ

一般財団法人 男鹿市スポーツ協会
会 長 大森 勝美 

 皆様には健やかで新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年は、ロシアのウクライナ侵攻の長期化の影響で物価高騰が続き、それに市民生活を脅かしている新型コロナウイルスに感染予防のワクチン接種を継続実施しても減少せず、更に増加傾向が続く厳しい状況下の一年でしたが、本市のスポーツ活動においては、新型コロナ感染予防対策に万全を期して、全国大会に認証された男鹿駅伝競走大会、日本海メロンマラソンを3年振りに開催、市民主体の市民スポーツ大会(各種競技別)、各種生涯スポーツ大会に教室などを実施することができました。
 ただ、伝統の各地区市民運動会が3年続けて中止せざるを得なかったことは極めて残念でした。
 競技主体の全県・全国規模の大会は、復活して開催されたことで本市の若きアスリート達が各競技にエントリーして活躍され、各大会においては小学生から高校生まで、団体・個人競技で134名が優勝・準優勝・第三位の栄誉に輝き、市民に歓喜と元気を与え、男鹿市・男鹿市スポーツ協会の誇りになった一年でした。
 諸君の栄誉を讃えるため、2月18日にスポーツ賞授賞式を挙行する予定にしています。
 さて、昭和29年、新生男鹿市の誕生によって設立された男鹿市体育協会、69年間親しまれてきた名称が、国が平成27年「体育」が「スポーツ」に含まれると定義づけ、日本体育協会・県体育協会が「スポーツ協会」に名称変更されたことで本協会も昨年6月1日に「男鹿市スポーツ協会」に改称された年でもあります。
 新年は、スポーツ協会という新名称を機会に本会に加盟する競技団体、地区体育協会等39団体に総合型地域スポーツクラブやスポーツ関連団体が、連携強化を図り一体となって市民総参加型の可能なスポーツの普及推進に努め、男鹿市が目標とする「健幸都市」づくり実現の諸施策に積極的に取り組み、スポーツという文化を後世に継承していく体制づくりの一年にしたいと思います。
 小中学生のスポーツ活動の指導育成に体制の変革が求められているので、活動の環境整備に可能な限り対応してまいります。また、男鹿市スポーツ施設の指定管理も締結最終年度にあたることから、明年度への応募のために申請業務と本協会創立70周年記念事業への準備作業の年でもあります。
 この一年、国内外の安寧と新型コロナの感染終息を願い、皆様が健やかで幸福な生活が営まれますよう祈念申し上げ、新年のあいさつとさせていただきます。