IMG_2461
IMG_2949
IMG_3062
IMG_2335
previous arrow
next arrow

会長あいさつ

一般財団法人 男鹿市スポーツ協会
会 長  大森 勝美  

 令和3年度も新型コロナウイルスの影響で、男鹿駅伝競走大会、日本海メロンマラソン大会、地区市民運動会が中止を余儀なくされ、又 各種スポーツ行事に規制を受けるなどスポーツ活動や日常生活に非常に厳しさが続きましたが、夏に開催された、東京五輪、冬の中国北京五輪で、世界中のアスリート達の熱戦の様子が連日テレビ、ラジオ、新聞等による報道で、国民に夢と感動を与えていただき、しかも、日本選手団が東京オリンピックで史上最多のメダル、パラリンピックで史上二番目のメダル、北京オリンピックでは、過去最多のメダルを獲得するという歴史に刻む大活躍で、私たちに更なる歓喜と元気を与えてくださいましたし、国民にスポーツの偉大さを示してくれました。
 2月19日、男鹿市スポーツ賞授賞式を男鹿市総合体育館で挙行いたしました。長年本市スポーツの振興と本協会の発展に尽力された6名の方々に功労賞・指導奨励賞、他の模範となる秀れた活動を続けている個人2名、団体に普及奨励賞を、又 将来を嘱望される若きアスリート達の中で、全県、東北大会で優勝し、全国大会で活躍した個人3名、2団体に栄光賞を、全県、東北大会で優勝・準優勝の個人12名、6団体に奨励賞を、優勝に導いた指導者に優秀指導者賞を授与させていただきました。
 オリンピック選手同様に全県、全国大会での本市の若きアスリート達の活躍で、私たち市民に大きな歓喜と元気を本市スポーツ界に誇りと輝きを与えてくれました。心より感謝申しあげます。
 本協会では、年度内に理事会・評議員会を開催し、令和4年度の運営方針、事業計画、予算等のほか、国、県と同様に組織の名称を体育協会からスポーツ協会に変更する(案)も審議する予定にしております。
 引き続きコロナ克服に努め、アスリート達に夢と希望を、市民に健康で元気をモットーに諸施策事業を展開してまいる所存です。